読まれるメルマガを作るコツ

読まれるメルマガを作るというのは、想像以上に難しいことです。更に、クリックしてもらうというのは、至難の業とも言えます。大切なのは、読んだ読者が飽きずに読み続けられること。そして、読み終わった後にクリックしてくれるかです。

まず、メルマガを読んでいる人を想像してみましょう。主婦かもしれないし、仕事を抱えている人かもしれません。ですが、メルマガを読むのに割く時間というのは限られているものです。冒頭でつまらないと感じた場合は、すぐに読者は離れてしまいます。まずはつかみです。冒頭のつかみが魅力的なら、ユーザーはその先が読みたくなります。
そして、気にしなくてはならないのは、配信時間です。一般的に多くの人は仕事中にメールを見たりはしません。メルマガを配信する時には、会社に行く前の時間である朝の8時前後にするか。それとも、昼休みに入る13時前後にするかです。

メルマガを配信する時には、背信時間についても考えることが必要です。
読まれるメルマガを意識するなら、他社のメルマガを参考にするというのもいい方法です。実際に読んでいて面白い、またはつまらないと感じる違いは、どこにあるのでしょう。文字数が短いと読みやすいと感じる人もいますし、逆に長文で詳しく書いている方が読みやすいと感じる場合もあります。他社のメルマガを読むことによって、気づくこともたくさんあるのです。

そして、メルマガを書くときには、読者に語りかけるような口調を意識することも大切です。気さくで砕けた文章というのは、読んだ人の警戒心を解いてくれるものです。です・ますの語尾の他に、ですねやでしょう?など、まるで語りかけるようなタイプを使うと、ユーザーも気軽に読んでくれます。
そして、いくら顧客を獲得したいからといって、毎日のようにメルマガを配信しては嫌になってきてしまいます。メルマガの頻度についても考えて、ユーザーの興味を失わないようにすることが大切です。